ページ内を移動するためのリンクです

尿毒素 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

にょうどくそ

尿毒素

尿毒素について解説します。

執筆者:

尿毒素の解説(コラム)

 腎不全の進行とともに、蛋白質からの窒素(ちっそ)代謝物などの代謝物質が蓄積します。これら蓄積された物質のうち、単独または組み合わさって尿毒症(にょうどくしょう)症状を引き起こすと考えられている物質を、尿毒素と呼んでいます。

 分子量により、

(1)小分子量物質(分子量300以下:尿素、尿酸、クレアチニンなど)

(2)中分子量物質(分子量300〜1万2000:ポリアミン類、副甲状腺ホルモン、β(ベータ)2‐ミクログロブリンなど)

(3)高分子量物質(分子量1万2000以上:ミオグロブリンなど)

に分類されています。

 数多くの物質が尿毒素としてあげられていますが、現状ではどの尿毒素がどのような尿毒症症状を表すのかについては、はっきりしていません。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります