ページ内を移動するためのリンクです

腎血管性高血圧症とレニン・アンジオテンシン系 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じんけっかんせいこうけつあつしょうとれにんあんじおてんしんけい

腎血管性高血圧症とレニン・アンジオテンシン系

腎血管性高血圧症とレニン・アンジオテンシン系について解説します。

執筆者:

腎血管性高血圧症とレニン・アンジオテンシン系の解説(コラム)

 レニン・アンジオテンシン系は、生体内の代表的な血圧を調節するシステムです。

 腎動脈が狭くなって腎臓への血液量が低下すると、腎臓からレニンという物質が産生されます。そしてレニンがアンジオテンシンIIを活性化し、さらにアルドステロンという物質の産生も促します。

 アンジオテンシンIIは血管を収縮させることにより、またアルドステロンは水分や塩分を体内に貯留させることにより血圧が高くなるのです。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります