ページ内を移動するためのリンクです

ナットクラッカー現象 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

なっとくらっかーげんしょう

ナットクラッカー現象

ナットクラッカー現象について解説します。

執筆者:

ナットクラッカー現象の解説(コラム)

 左の腎静脈が、腹部大動脈と上腸間膜(じょうちょうかんまく)動脈という2つの血管でできたV字の部分を通過するために強くはさまれてしまい、腎静脈内の血液がうっ滞を起こして、腎臓内に出血するものです(図8)。その部分に、クッションとしての脂肪組織が少ない場合に起こりやすいといわれています。

 症状としては、肉眼的血尿がみられます。超音波、CT、MRIや三次元画像が得られるヘリカルCTなどの検査が有用です。ちなみにナットクラッカーとは「クルミ割り器」のことです。左の腎静脈が、ちょうどクルミのように2つの動脈に挟まれていることから、この名前がついています。解剖学的な特性から右側には生じません。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります