ページ内を移動するためのリンクです

痛風腎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

つうふうじん

痛風腎

痛風腎について解説します。

執筆者:

痛風腎の解説(コラム)

 痛風腎とは、高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)が長期間続き、尿酸の結晶(尿酸塩(にょうさんえん))が腎臓の尿細管や間質に析出・沈着することで起こる腎臓病です。

 尿細管が障害され、尿が濃縮できないため、初期には多尿や夜間尿がみられます。尿検査では、血尿や蛋白尿などは認められないことが多く、あっても軽度です。血液検査でも、初期には異常はみられませんが、進行すると腎機能の低下が認められるようになります。

 治療では、食事療法や薬物療法によって、血液中の尿酸値をコントロール(正常化)することが大切です。食事療法では、高エネルギーや高蛋白の食事に偏らないように気をつけて、尿酸の元となるプリン体を多く含む食品(レバー、もつ煮込み、肉汁や干物など)はひかえるようにします。過剰なアルコール摂取は高エネルギーとなり、プリン体も多く含むので(とくにビール)、これらもひかえるようにします。

 また、尿酸の排泄を促すために、なるべく多くの水分をとるようにします。しかし、高度な腎機能低下がみられる場合には、水分を制限することがあるので、1日の水分摂取量を決めるには、主治医の判断が必要です。

 薬物療法では、尿中に尿酸を排泄する作用のある薬(尿酸排泄促進薬)と、尿酸が作られることを抑える薬(尿酸生成阻害薬)が用いられます。痛風腎では、主に尿酸生成阻害薬を投与します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります