ページ内を移動するためのリンクです

病的でない蛋白尿 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

びょうてきでないたんぱくにょう

病的でない蛋白尿

病的でない蛋白尿について解説します。

執筆者:

病的でない蛋白尿の解説(コラム)

蛋白尿は以下のように分類されます。

(1)生理的蛋白尿(体位性蛋白尿、機能性蛋白尿)

(2)糸球体性(しきゅうたいせい)蛋白尿

(3)尿細管性蛋白尿

(4)溢流性(いつりゅうせい)(腎前性(じんぜんせい))蛋白尿

 このうち、(1)生理的蛋白尿は、起立時または立位で背中を後方へ反らす体位をとった時に出現する体位性蛋白尿と、運動・高熱・精神緊張などが原因で発生する機能性蛋白尿があります。これらの蛋白尿は、腎臓の血液を濾過し尿を作る部分である、糸球体の血行動態異常による蛋白の透過性の亢進が原因として考えられていますが、ほとんどが一過性にとどまり、蛋白尿量も1日1・0g以上になることはないとされ、治療の対象になりません。

 体位性蛋白尿の頻度は比較的高く、簡便な検査法としては、就寝前に完全排尿したのち起床時尿と外来時尿とを比較し、前者で蛋白尿陰性、後者で陽性となる場合を体位性蛋白尿と判定します。

 尿蛋白量が1・0g/日以上認められたり、血尿を伴う場合は(2)の糸球体性蛋白尿のことが多く、腎不全に進行する危険もあるので、専門医での精密検査、経過観察が必要です。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで婦人科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります