ページ内を移動するためのリンクです

肝硬変のスクリーニング精度 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かんこうへんのすくりーにんぐせいど

肝硬変のスクリーニング精度

肝硬変のスクリーニング精度について解説します。

執筆者:

肝硬変のスクリーニング精度の解説(コラム)

 肝がんの前がん病変である肝硬変を通常の肝機能検査項目によって効率よく発見するために、(1)ALT(GPT)値が35を超える、(2)血小板数が12・5万/μL未満、(3)アルブミン値が3・5g/dL未満の3項目を用いると、感度・特異度(偽陽性率)ともに従来の方法(AST、ALT、γ(ガンマ)‐GTPを用いる)より優れているため、有用性が高いと考えられています。

 しかし、肝硬変の重症度に分類して比較すると、中等度と重度の肝硬変(チャイルド分類のBとC)はこの基準で100%拾えますが、軽度の肝硬変(チャイルド分類のA)はこれから脱落する例が10・5%存在します。

 この脱落例を見逃さないために、HCV抗体とHBs抗原の肝炎ウイルスマーカーを追加すると、超高危険群のスクリーニングの精度をいっそう向上させることができます。

肝臓・胆嚢・膵臓の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります