ページ内を移動するためのリンクです

劇症肝炎に似ている病気と合併症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

げきしょうかんえんににているびょうきとがっぺいしょう

劇症肝炎に似ている病気と合併症

劇症肝炎に似ている病気と合併症について解説します。

執筆者:

劇症肝炎に似ている病気と合併症の解説(コラム)

 劇症肝炎は、劇症肝不全(げきしょうかんふぜん)(または急性肝不全(きゅうせいかんふぜん))のなかに含まれるひとつの病気です。

 日本では、これまでウイルスと薬剤が原因で急性肝不全を起こす肝炎を劇症肝炎と呼んできました。しかし、欧米ではこれらの原因以外のものも含めて劇症肝不全と呼ぶのが一般的です。

 原因となるものは、循環不全によるもの(うっ血性心不全、虚血(きょけつ))、妊娠性、代謝性(ウィルソン病)、血液疾患(白血病および悪性リンパ腫による腫瘍細胞の肝内浸潤(かんないしんじゅん))など多岐にわたります。肝不全という言葉は、通常、意識障害を伴う場合に使用されます。

 劇症肝不全の時の重い合併症には、脳浮腫、消化管出血を含む全身の出血傾向(これらは播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)[DIC]によることが多い)、腎不全、感染症があり、これらを合併し、合併数が多くなるほど救命率は低下します。

肝臓・胆嚢・膵臓の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります