ページ内を移動するためのリンクです

C型肝炎ウイルス(HCV)検査と測定法 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しーがたかんえんういるす(えいちしーぶい)けんさとそくていほう

C型肝炎ウイルス(HCV)検査と測定法

C型肝炎ウイルス(HCV)検査と測定法について解説します。

執筆者:

C型肝炎ウイルス(HCV)検査と測定法の解説(コラム)

 C型肝炎ウイルス(HCV)の存在を確かめるウイルスマーカー検査では、最初にHCV抗体検査を行います。HCVに感染すると免疫のはたらきでHCV抗体が作られるため、陽性の場合は感染の可能性が高いとされます。

 陽性の場合で値が高い(抗体の量が多い)場合は、現在感染していると判断されますが、値が中程度や低い場合は、過去に感染し、自然治癒した可能性があります。そこで、ウイルスの存在を確認するためにHCV RNA(リボ核酸)検査が必要になります。

 なお、ウイルス感染が確定した場合は、HCVの血清型(セロタイプ)、遺伝子型(ジェノタイプ)の検査を行います。日本におけるHCVは、血清型によって、1型、2型に分けられ、さらに遺伝子型によって、1型は1a、1b、2型は2a、2bに分けられます。日本で最も多いのは1b型で全体の70%を占めており、残りは2a型と2b型がほとんどです。

 遺伝子型によりインターフェロン(IFN)の治療効果に差があることが明らかになっており、この判定は治療方針の決定に役立ちます。HCV1型(1b)は2型(2a、2b)よりIFN治療に抵抗性をもっています。HCV RNA量や遺伝子型の検査は、治療法の選択および治療効果の予測に用いられるため、重要な検査となります。HCVの量が少なく、IFNが効きやすいHCV型、遺伝子変異であれば、抗ウイルス療法の治療効果が期待できます。

 ウイルス量の測定はHCVコア抗原測定法が簡便ですが、2007年末からリアルタイムPCR法という新しいウイルス遺伝子検査が導入され、ウイルスの存在とその量が、さらに詳しくわかるようになりました。

肝臓・胆嚢・膵臓の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります