ページ内を移動するためのリンクです

B型急性肝炎の劇症化 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

びーがたきゅうせいかんえんのげきしょうか/かんえん

B型急性肝炎の劇症化

B型急性肝炎の劇症化について解説します。

執筆者:

B型急性肝炎の劇症化の解説(コラム)

 B型肝炎ウイルスに感染すると、体は免疫反応によりこれを排除しようとして、感染した肝細胞ごと破壊してしまいます。この反応が肝炎で、適度な反応ですめば普通の急性肝炎で完治します。

 ところが反応が強く起こりすぎて、急激にかつ広範囲に肝細胞が破壊されると、肝臓の仕事ができなくなります。このような状態に陥ることを、「劇症化する」といいます。

 B型急性肝炎で劇症肝炎に進行するのは1%以下の人と考えられています。劇症化するのは、ウイルスが通常とは異なった変異株(へんいかぶ)と呼ばれる特殊なタイプに感染した場合が大半のようです。このようなウイルスをもっているのはe抗原が陰性でe抗体が陽性のキャリアが多いようです。

 ただし外国からは違う意見の報告もあり、ウイルス側だけでなく感染した人の側の問題もあるようです。

肝臓・胆嚢・膵臓の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります