ページ内を移動するためのリンクです

肛門部ボーエン病 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうもんぶぼーえんびょう

肛門部ボーエン病

肛門部ボーエン病について解説します。

執筆者:

肛門部ボーエン病の解説(コラム)

 肛門周囲の皮膚のボーエン病は、ゆっくりと進行する真皮内の扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん(上皮内がん)です。外観は肛門周囲の皮膚の慢性湿疹のようにみえます。年齢的には60代に最も多く発症します。

 ボーエン病は、子宮頸がんと同じようにヒトパピローマウィルスが原因であることが最近になってわかってきました。このウイルスは100種類以上のタイプがあり、ある種のタイプ(6型、11型)は尖圭(せんけい)コンジローマという肛門や性器に小さないぼの集まりができる病気の原因となるウイルスですが、別のタイプ(16型、18型など)は子宮頸がんの原因となります。現在ではボーエン病は、この子宮頸がんの原因となるウイルスと同じタイプが肛門の上皮に感染して発症する肛門扁平上皮がんの前がん状態(上皮内がん、異型上皮)と同じ疾患であると考えられています。

 症状としては、かゆみ、焼灼感(しょうしゃくかん)、斑点様の出血などがみられます。肉眼では不連続な紅斑、または褐色で表面が湿潤した瘢痕様(はんこんよう)の外観を示します。

 確定診断には、病変部の広範囲な生検が行われます。上皮内の扁平上皮がんで特徴的なボーエン様細胞がみられると、ボーエン病と診断されます。

 治療は外科的切除が原則です。肉眼で見えている以上に広がっていることがあるため、広範囲な局所切除術が行われます。皮膚や肛門上皮の欠損が大きい場合は、皮膚移植も行われます。局所再発した場合でも、再度局所切除することで治癒します。予後は比較的良好です。

直腸・肛門の病気を小分類から探す

直腸・肛門の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります