ページ内を移動するためのリンクです

典型的な肛門神経症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうもんしんけいしょう

典型的な肛門神経症

典型的な肛門神経症について解説します。

執筆者:

典型的な肛門神経症の解説(コラム)

 20歳のOLですが、2、3年前からおなかが異常に張ってガスが頻繁に出て、自分の肛門のにおいが気になり、他人にもわかってしまうようになったそうです。最近は、職場に行っても同僚がひそひそ話をしたり、手で鼻を押さえるようなしぐさをして、自分を避けるようになって寂しいといいます。

 本人に、「本当に同僚があなたはくさいといったの?」と聞くと「皆がそういっているから間違いない」とのことです。一方、家庭で母親に「私はくさい?」と聞くと、「何よ、変なこといって」と取り合ってくれません。

 そうこうするうちに時々会社を休むようになり、業務成績も落ちるとともに、一人で部屋に閉じこもるようになりました。次第に食欲も低下し、やせてきて心配になり、とうとう肛門科を受診しましたが、大腸肛門の検査をしても病気はなく、消化器症状の治療をしていました。

 しかし、においのことは本人が深く信じ込んでいて改善しないため、精神科のカウンセリングを受けました。それでも相変わらず肛門のにおいが知られてしまうことに苦痛を覚え、仕事に集中できずに会社を退職してしまいました。外見上は病気とは思えないので余計に気の毒ですが、長期の治療が必要です。

直腸・肛門の病気を小分類から探す

直腸・肛門の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります