ページ内を移動するためのリンクです

痔核に試みられる新しい治療法 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じかくにこころみられるあたらしいちりょうほう

痔核に試みられる新しい治療法

痔核に試みられる新しい治療法について解説します。

執筆者:

痔核に試みられる新しい治療法の解説(コラム)

(1)ALTA療法(ジオン)

 脱出する痔核にALTA(硫酸アルミニウムカリウム・タンニン酸液)を注射し、痔核を線維化して括約筋(かつやくきん)に癒着固定させて治す新しい注射療法です。

 注射のみで痛みなく治せますが、薬が強いため注射の仕方によっては直腸に潰瘍(かいよう)や狭窄(きょうさく)等の合併症を来す危険性があります。合併症を避け、十分な効果を得るために、痔核を4箇所に分けて適量を注射する独特の4段階注射法が必要です。

 外痔核には血栓や疼痛を生じるため注射ができないので、内痔核もしくは内痔核が大きな内外痔核に適応があり、脱出するすべての痔核に適応となるわけでありません。そのため、注射できない外痔核部分は手術する、併用した治療法も試みられつつあります。

(2)PPH:サーキュラー・ステープラーを用いた痔核手術

 脱出する痔核をいったん肛門内にもどし、その結果生じた直腸側の弛(ゆる)んだ部分を器械吻合(ふんごう)器で全周性に切除吻合(縫合)し、痔核を吊り上げて治す方法です。

 従来の手術では脱出する痔核部分を直接に切除していましたが、この方法は痔核部分に触れずに吊り上げて固定するような方法のため、疼痛もなく痔核を治せることが特徴とされました。

 しかし脱出は治っても内外痔核は残るため、長期経過後に再発しないかが不明ですし、外痔核が大きな内外痔核は手術しても効果が得られないことや、器械を用いて切除吻合する際に全周性に侵襲(しんしゅう)を与えるという事実、そして半数の例に筋肉の一部が切除されてしまうという事実から、侵襲の少なくない術式であることがわかってきました。

 そのため、全周性に脱出する内痔核を主とした症例を十分に選んで行うことが必要な方法といえます。

直腸・肛門の病気を小分類から探す

直腸・肛門の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで病院を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります