ページ内を移動するためのリンクです

増加傾向にある潰瘍性大腸炎 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ぞうかけいこうにあるかいようせいだいちょうえん

増加傾向にある潰瘍性大腸炎

増加傾向にある潰瘍性大腸炎について解説します。

執筆者:

増加傾向にある潰瘍性大腸炎の解説(コラム)

 潰瘍性大腸炎は欧米に多く日本人にはまれな疾患と考えられていましたが、近年、厚生労働省の登録患者数は年間約5000人ずつ増加しており、2007年には9万6000人となりました。これはライフスタイルの欧米化に関係しているといわれています。

 潰瘍性大腸炎は、20〜30歳前後の若年成人に多く発症し、10代の小児にもみられます。若年で発症するため、発症後に就職、妊娠、出産などの時期を迎えることも多くなります。緩解(かんかい)と再燃を繰り返す慢性疾患であり、長期にわたる医療管理が必要ですが、治療法の進歩によりほとんどの場合、病状をコントロールして普通の生活を送ることが可能となっています。また生命予後も一般の人と変わりありません。

 妊娠、出産についても、緩解期であれば健康な人と変わらないとされています。また海外では、サラゾピリンやペンタサ、プレドニゾロンの投与は妊娠や出産にとくに問題ないとされていますが、事前に主治医とよく相談するのがよいでしょう。

 白血球除去療法は、主に重症の潰瘍性大腸炎でステロイド治療によっても十分な効果のない場合などに適応となります。これは日本で開発された治療法で、血液をフィルターに通し、炎症のもととなる白血球を取り除いてから体内にもどすものです。通常、1回1時間の治療を週1回、5回連続して行います。副作用が少ないことが特徴で、広く行われています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります