ページ内を移動するためのリンクです

リンパ節炎、転移性腫脹 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

りんぱせつえん、てんいせいしゅちょう

リンパ節炎、転移性腫脹

リンパ節炎、転移性腫脹について解説します。

執筆者:

リンパ節炎、転移性腫脹の解説(コラム)

 頸部(けいぶ)のリンパ節がはれる場合の多くは、炎症か悪性腫瘍の転移によるものです。通常はいずれも、はれたリンパ節に近い部位に原病巣があります。

 炎症では、歯性感染症(しせいかんせんしょう)や口のなかの創(そう)感染、唾液腺炎(だえきせんえん)、扁桃炎(へんとうえん)、咽頭炎(いんとうえん)などに引き続いて生じることが多く、顎下部(がっかぶ)や下顎の角近くの頸部リンパ節が発熱、痛みを伴ってはれます。特殊なリンパ節炎である亜急性壊死性(あきゅうせいえしせい)リンパ節炎や伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう)などでは、両側頸部にリンパ節腫脹が多発することがあります。

 細菌性リンパ節炎では、感染のコントロールがうまくいかないとリンパ節腫脹がひどくなり、膿瘍化(のうようか)することがあります。膿瘍化すると、切開してうみを出す必要があります。

 近年、結核(けっかく)感染が増えつつあり、頸部にも結核性リンパ節炎がみられることがあります。皮膚が破れてうみが出た場合などには、二次感染に気をつけなければなりません。少しでも疑いがあれば、ツベルクリン検査や菌検査などを行い、早期に確定診断する必要があります。

 リンパ節腫脹で最も注意しなければならないのは、悪性腫瘍の転移によるものです。通常は、原発部の症状があってしばらくしてから転移が生じますが、上咽頭がんなどでは、頸部のリンパ節腫脹が初発症状のことがあります。炎症と同じように、原病巣にいちばん近い部位のリンパ節に最初の転移が生じるのが普通ですから、転移性リンパ節腫脹が疑われる場合には、口腔、咽頭、喉頭、食道、唾液腺や甲状腺などのがんに注意する必要があります。

 症例は少ないのですが、内臓から頸部のリンパ節に転移が生じる場合や、全身くまなく探しても原発部位が見つからない場合もあります。また、リンパ節に原発する悪性リンパ腫という腫瘍もあります。悪性腫瘍では、組織型から原発部位が推測されるため、細胞学的な検査も重要です。

 痛みや発熱など、炎症症状のないリンパ節腫脹があった場合は、腫瘍の可能性も考えて、急いで病院を受診しなければなりません。

のどの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります