ページ内を移動するためのリンクです

食道異物 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しょくどういぶつ

食道異物

食道異物について解説します。

執筆者:

食道異物の解説(コラム)

 食道にひっかかった異物は通常、食道直達鏡(しょくどうちょくたつきょう)という筒状の器械を口から挿入して摘出します。

 さまざまなものが食道異物となりますが、ここでは代表的な異物とその注意点について述べます。

硬貨異物

 小児の食道異物では最も多いものです。摘出は容易なことが多いのですが、まれに2枚以上の硬貨がひっかかっていることがあります。硬貨を数枚飲んだ可能性のある場合には、必ず医師に伝えておくべきでしょう。

ボタン電池異物

 近年、小型でボタン形の電池が普及していますが、これが食道に長時間とどまっていると、粘膜が腐食されて大変危険です。食道に穴があいて死に至った報告もありますので、できるだけ早く摘出しなければなりません。

魚骨(ぎょこつ)異物

 中高年層に多い異物ですが、通常のX線写真には写らず、診断をつけるのが難しい場合も少なくありません。骨の先が粘膜に刺さって感染を起こすこともありますので、診断がつかなくても食道直達鏡を挿入して、異物がひっかかっていないかどうかを調べることもあります。

PTP異物

 PTPとは、錠剤やカプセル剤を包装したパッケージで、指で押し出して薬を取り出すものです。高齢社会になり薬を長期に服用する人が増えるにつれ、薬と間違えてPTPをうっかり飲んでしまう事故も増えています。

 薬をのむ量を間違えないように、PTPのシートを1錠分ごとに切り分けることがありますが、これはPTPを誤って飲む可能性を高めることになってしまいます。

義歯(ぎし)異物

 先がとがって形も複雑な義歯は、食道直達鏡で無理やり摘出しようとすると、食道粘膜を傷つけてしまいます。義歯異物の場合は、頸部(けいぶ)を切開して摘出しなければならないことも少なくありません。

のどの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります