ページ内を移動するためのリンクです

修復物の寿命 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しゅうふくぶつのじゅみょう

修復物の寿命

修復物の寿命について解説します。

執筆者:

修復物の寿命の解説(コラム)

 修復物の寿命とは、修復物が歯に装着されてから使用不可能となるまでの期間を指します。修復物が置かれている歯の表面は、非常に厳しい環境です。

 すなわち、唾液の存在があるため常に湿潤状態で、噛むことにより自分の体重ほどの力もかかる場所で、なおかつ0℃〜50℃以上の食べ物が触れる温度変化も大きい環境にあるので、修復物は脱落や破折により使用不可能になる場合があります。さらに修復物自体が使用可能でも、新たなむし歯の発生や歯の神経(歯髄(しずい))の障害などの問題が起きて、使用不可能になる場合もあります。

 修復材料や治療別の平均使用年数を調査した森田らの報告によれば、アマルガム7・4年、レジン5・2年、インレー5・4年、クラウン(鋳造冠)7・1年、ブリッジ8・0年、ジャケット冠5・9年、継続歯(差し歯)5・8年で、いずれも10年以下です。原因疾患への対処がなく、修復だけ行うのでは自分の歯を守れないことが明らかになっています。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります