ページ内を移動するためのリンクです

HIV感染と歯科治療 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

えいちあいぶいかんせんとしかちりょう

HIV感染と歯科治療

HIV感染と歯科治療について解説します。

執筆者:

HIV感染と歯科治療の解説(コラム)

 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)(AIDS:エイズ)の原因です。このウイルスに感染すると、体を守る免疫系細胞であるヘルパーT細胞やリンパ球の一種であるCD4陽性細胞が感染して、免疫機能が障害されたり破壊が起こり、その結果、免疫不全が生じます。

 その初期症状は、かぜに似ていることもありますが、無症状に経過することも少なくありません。口のなかには、真菌であるカンジダによる感染が起こります。舌や頬の粘膜に白い苔(こけ)のような病変が生じます。また、歯肉には壊死(えし)と潰瘍(かいよう)が起こり、疼痛、自然出血、浮腫(ふしゅ)などが生じます。症状は、急性壊死性潰瘍性(きゅうせいえしせいかいようせい)歯肉炎・歯周炎と極めて類似しているので、鑑別診断が不可欠となります。

 その後、発熱、体重減少、持続性の下痢などの症状(エイズ関連症候群)が現れます。病変が進行すると、カリニ肺炎、カポジ肉腫、悪性リンパ腫などが現れ、患者さんの多くは予後不良です。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります