ページ内を移動するためのリンクです

さまざまな障害を起こす口呼吸 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

さまざまなしょうがいをおこすくちこきゅう

さまざまな障害を起こす口呼吸

さまざまな障害を起こす口呼吸について解説します。

執筆者:

さまざまな障害を起こす口呼吸の解説(コラム)

 呼吸は、正常な状態では鼻を通して行われますが、何らかの原因で鼻呼吸ができなくなると口で呼吸をするようになり、これを口呼吸といいます。唇が乾燥し、唇や口角に亀裂が入って、痛みや出血を伴います。

 口呼吸が続くと、あごの成長や歯の生え方に悪影響を及ぼし、上下のあごが出っ張ったり、前歯が噛み合わなくなったりします。そうなると口がいつも開いた状態となり、口唇を閉じるのが困難になります。

 歯肉の外気に触れる部分は、乾燥状態となり炎症がみられ、唇に隠れる歯肉の部分との境界が明瞭になります。この境を口呼吸線といいます。また、歯肉の縁の一部が堤状にはれることもあります。

歯面は、プラーク(歯垢(しこう))がこびりついているので、口腔清掃が困難となり、歯肉の炎症がよくならない一因になりますし、口臭の原因にもなります。

 アレルギー性鼻炎やアデノイドなどと関連することもあるため、耳鼻科でも診察を受け、鼻づまりの原因が何であるかを確認することが大切になります。また、症状によっては歯列矯正が必要になることもあります。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります