ページ内を移動するためのリンクです

正中離開の原因と治療 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せいちゅうりかいのげんいんとちりょう

正中離開の原因と治療

正中離開の原因と治療について解説します。

執筆者:

正中離開の原因と治療の解説(コラム)

 正中離開とは、一般に上あごの前歯の間にみられるすきまのことをいいます(図28)。上あごの永久歯の前歯は7〜9歳ころにかけて歯と歯の間にすきまを伴いながら生えてくるため、この時期は“みにくいアヒルの子の時期”といわれています。

 通常、内側に向かって犬歯が生えてくるため、すきまは自然に閉じてきますが、何らかの原因ですきまがうまく閉じない場合には、治療が必要になることがあります。

 原因として、前歯の間に正中過剰歯(かじょうし)と呼ばれる余分な歯がある場合や、唇のひも(小帯)が前歯の間に入り込んでいることが考えられます。そのような場合、余分な歯の抜歯を行ったり、小帯を切る処置を行うこともあります。

 生まれつき歯の数が足りなかったり、歯の大きさが小さかったりすることによってすきまが生じる場合には、矯正(きょうせい)装置などによってそのすきまを閉じたり、ブリッジやインプラントを用いて治療することがあります。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります