ページ内を移動するためのリンクです

私費診療 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しひしんりょう

私費診療

私費診療について解説します。

執筆者:

私費診療の解説(コラム)

 歯科治療で保険が適用されない私費診療は、以下の3つに大別されます。

(1)予防

 健康保険は病気やけがに対する給付であるため、予防はカバーされません。したがって、歯科健診(健康診断)やむし歯を予防するためのフッ化物の塗布は、人間ドックや予防接種などと同様に私費になります。

(2)審美的(美容的)な行為

 歯の漂白(ホワイトニング)や歯科矯正(しかきょうせい)が該当します。美容整形が私費であるのと同様です。ただし、歯科治療にはもともと審美的な要素が含まれているため、保険診療でもそういった面は考慮されています。なお、歯科矯正でも手術を必要とする顎変形症(がくへんけいしょう)などは、機能的な障害が大きいので、保険給付されます。

(3)高額な歯科治療

 金合金など高価な材料を使ったり、高度な治療技術を用いて冠やブリッジ、義歯(ぎし)を入れる場合、治療費が高額になります。私費治療の例としては、メタルボンド冠、貴金属冠、金属床義歯、アタッチメント義歯、インプラントなどがあげられます。

 私費診療では、治療内容と費用について担当医から十分な説明を受け、納得してから治療を始めることが大切です。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります