ページ内を移動するためのリンクです

咬耗症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうもうしょう

咬耗症

咬耗症について解説します。

執筆者:

どんな病気か

食べる時や無意識に起こる歯ぎしりなどで、長年にわたり上下の歯が噛み合うことにより、エナメル質や象牙質(ぞうげしつ)がすり減って欠損となったものをいいます。磨耗症(まもうしょう)との違いは、自分の歯同士がこすりあって生じることです。

原因は何か

歯が互いにこすりあってできるので、誰にでも自然に咬耗はできるものです。ただし、一般的には非常に軽度でほとんど目立ちません。ところが、非常に強く噛む癖のある場合、硬い食べ物を好んで食べている場合、歯ぎしりをする場合、噛みたばこの習慣がある場合などは著明な咬耗が生じます。

症状の現れ方

咬耗は徐々に生じ、加齢とともに強く現れることが多いですが、歯ぎしりを強くする場合は若い時から強い咬耗がみられる場合があります。一般に、前歯は先端部分(切縁)、臼歯(きゅうし)は咬合面に現れます。

1~2本という少数のみに生じるよりは、口のなかの歯全体あるいは左右片側全体の歯に生じることが多くみられます。咬耗した面は平滑で、みがいたようになっていることが多いのですが、象牙質まで進展すると次第に褐色となり、くぼみができてきます。

検査と診断

生じた部位とそのでき方を視診することにより容易に診断できます。できる部位が異なるので磨耗との区別は容易です。象牙質まで進展してくぼみができた場合や色が変わっている場合は、むし歯との区別が必要になります。

治療の方法

歯ぎしりが原因で咬耗が生じた場合は、ナイトガードというマウスピース様のものを就寝時に口腔内に入れて歯ぎしりを防止する方法をとります。それ以外の理由で咬耗が生じている場合は原因を取り除く努力をしてもらうのですが、咬耗がエナメル質内にとどまっているかぎりは、また自覚症状がとくにない場合は、治療を行わず様子をみることがほとんどです。

咬耗により歯が尖(とが)って歯肉や頬粘膜を傷つける場合は、その部分を研磨して丸くします。

病気に気づいたらどうする

咬耗としての自覚症状はほとんどないので、自分で気がつくことはまれです。歯ぎしりをする、歯が強く当たって痛い、舌が触ると歯が尖っていて痛い、といった咬耗を引き起こす原因、あるいは咬耗により二次的に引き起こされる症状により、歯科医療機関を訪れることのほうが多いと思います。この場合は、歯科医により適切な治療を受けることになります。

咬耗症の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

歯科健診を受けよう!

自宅や職場の近く、通勤途中の駅などで、通いやすい歯科を探してみましょう。

iタウンページで歯科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×