ページ内を移動するためのリンクです

口唇裂と口蓋裂の受診医療機関 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こうしんれつとこうがいれつのじゅしんいりょうきかん

口唇裂と口蓋裂の受診医療機関

口唇裂と口蓋裂の受診医療機関について解説します。

執筆者:

口唇裂と口蓋裂の受診医療機関の解説(コラム)

 口唇裂、口蓋裂は、生まれた時から社会人となったあとまで、継続した治療が必要です。子どもさんの成長につれて、見た目だけでなく、言葉、歯並びや噛み合わせ、顎の発育などさまざまな問題が生じます。手術は口腔外科および形成外科が担っていますが、言語治療、耳鼻咽喉科、矯正歯科、小児科などとチーム医療を行っている医療機関で治療を受けることをすすめます。

 一般社団法人日本口蓋裂学会では『口唇裂・口蓋裂の治療プラン‐全国111診療チームにおける現況‐』と題した小冊子を刊行しています。チーム代表者の施設名、チームの構成メンバー、出生前診断に対するカウンセリングの有無、治療法や治療時期、チームの特徴が記載されており、医療機関をさがす際の参考になるでしょう。一般社団法人日本口蓋裂学会事務局 〒135‐0033東京都江東区深川2‐4‐11一ツ橋印刷学会事務センター(電話03‐5620‐1953)にお問い合わせください。

口・あごの病気を小分類から探す

口・あごの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります