ページ内を移動するためのリンクです

ベーチェット病に注意 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

べーちぇっとびょうにちゅうい

ベーチェット病に注意

ベーチェット病に注意について解説します。

執筆者:

ベーチェット病に注意の解説(コラム)

 ベーチェット病は、(1)口腔粘膜の再発性アフタ、(2)皮膚病変(結節性紅班(けっせつせいこうはん))、(3)眼病変(網膜(もうまく)ぶどう膜炎(まくえん)など)、(4)外陰部潰瘍(がいいんぶかいよう)の4つを主症状とする慢性再発性の全身性炎症疾患です。最近ではこれらの一部しか発症しない症例が増加しています。そのほか、血管、中枢神経、消化器の病変によって重い全身症状が生じることがあります。日本、韓国、中国、中近東、地中海沿岸地域などシルクロード沿いの国に好発するため、シルクロード病ともいわれます。

 日本では従来、男性に多いとされていましたが、最近の調査ではほとんど性差はないものの、男性のほうが重症化しやすく、とくに若年発症の場合は失明する例もみられます。

 ベーチェット病では、口腔の再発性アフタがほぼ必発(98%)で、初発症状であることが多く(60%)、その後、前述の症状が徐々に揃ってベーチェット病の診断基準を満たし、再発を繰り返して慢性化するという経過をたどります。慢性再発性アフタと、ベーチェット病でみられる再発性アフタは区別がつかないため、アフタが再発を繰り返す場合は定期的に経過をみてもらうとよいでしょう。

口・あごの病気を小分類から探す

口・あごの病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで医療機関を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります