ページ内を移動するためのリンクです

鼻腔異物 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

びくういぶつ

鼻腔異物

鼻腔異物について解説します。

執筆者:

どんな状態か

鼻のなかにさまざまな異物が入った状態です。異物の種類としては豆類、おもちゃ類、ビーズ、パチンコ玉、ティッシュペーパー、ガーゼなどがあります。

ほとんどが小児で2~3歳に多く、遊んでいる間に自分で入れてしまうことが多いようです。成人では、精神障害や認知障害のある人が故意に入れてしまう場合があります。

症状の現れ方

家族が鼻のなかに異物を入れたことを目撃した場合はすぐわかりますが、そうでない場合は気づかないことがあります。鼻づまりや鼻汁が多くなった、あるいは鼻がにおうなどの症状があり、耳鼻咽喉科を受診し、初めて異物が見つかることが多いようです。

検査と診断

鼻鏡検査で異物が観察されることがほとんどです。

治療の方法

しっかりと固定して座らせ、頭を保持して鼻鏡下で鉗子(かんし)類を用いて異物を取り出します。取り出す際は、異物が後鼻腔(こうびくう)へ落ちると気道異物になることもあるので、注意深く行います。

病気に気づいたらどうする

鼻腔の異物は、耳鼻咽喉科医でなければとれません。必ず耳鼻咽喉科を受診しましょう。

鼻腔異物の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

鼻の病気を小分類から探す

鼻の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで耳鼻咽喉科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×