ページ内を移動するためのリンクです

伝音難聴、感音難聴 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

でんおんなんちょう、かんおんなんちょう

伝音難聴、感音難聴

伝音難聴、感音難聴について解説します。

執筆者:

伝音難聴、感音難聴の解説(コラム)

 音は、外耳道から鼓膜(こまく)に達し、鼓膜の振動は3つの耳小骨(じしょうこつ)をへて内耳に伝えられます。ここまでの間で何らかの障害が生じると、音がうまく内耳に伝わらなくなり、これを「伝音難聴」といいます。

 一方、内耳に伝えられた音の振動は、内耳のコルチ器という部分にある有毛細胞を振動させ、細胞内の電気的信号に変換されます。これが聞こえの神経に伝達され、さらに脳へと送られて音を感じることができます。内耳以降のレベルに障害が起こって生じる難聴を「感音難聴」と呼びます。

 難聴が、伝音難聴か感音難聴かは聴力検査でわかります。耳にあてた受話器から音を聞いた時の聴力を「気導(きどう)聴力」、耳の後ろに振動子(骨導(こつどう)受話器)をあてて直接頭蓋骨を振動させて測る聴力を「骨導聴力」といいます。

 骨導聴力がよいのに気導聴力が悪ければ、外耳から中耳にかけて異常があると考えられ、伝音難聴と診断されます。骨導聴力と気導聴力が同程度に悪ければ感音難聴と診断され、難聴の原因は内耳以降にあると推定します。

 伝音難聴を起こすのは、耳垢(じこう)の詰まり、鼓膜の穿孔(せんこう)、中耳炎(滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)、急性中耳炎、慢性中耳炎、中耳真珠腫(ちゅうじしんじゅしゅ))、耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)、耳小骨連鎖離断(じしょうこつれんさりだん)、耳小骨奇形(じしょうこつきけい)、耳硬化症(じこうかしょう)などがありますが、基本的に処置や手術で改善できる難聴といえます。

 感音難聴は内耳性難聴と、それ以降に原因がある後迷路性難聴(こうめいろせいなんちょう)に分けられます。

 内耳性難聴には先天性難聴、騒音性難聴、音響外傷、突発性難聴、メニエール病、聴器毒性薬物中毒、老人性難聴、ウイルス感染症による難聴などがあります。

 後迷路性難聴には聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)(これは内耳性難聴を起こすこともある)、脳血管障害による難聴、脳炎などによる難聴、心因性難聴など多彩な原因があげられます。

 難聴で補聴器を用いる場合、伝音難聴では非常に有効ですが、感音難聴では言葉のわかりやすさに一定の限界があります。詳しくは補聴器の項をご覧ください。

耳の病気で処方される主な薬剤を探す

医療特集 季節の症状

季節によってみられる症状と、その予防や治療について紹介します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで耳鼻咽喉科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります