ページ内を移動するためのリンクです

袋耳 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

たいじ

袋耳

袋耳について解説します。

執筆者:

どんな病気か

耳介(じかい)の上部が頭の皮膚の下に入り込んでしまう先天奇形で、家族内で遺伝的にみられることがあります(図3)。埋まっている耳介を引っ張り出すと簡単に耳介が出てきますが、指を離すとまた元の状態にもどってしまいます。

片耳に発生している場合が多く、正常な側に比べると、耳介にも奇形がみられることがしばしばあります。

この疾患は美容上の問題だけでなく、眼鏡やマスクの装着が難しくなることもあるので、積極的な治療を受けたほうがよいでしょう。

治療の方法

乳幼児期においては、手術をしないで矯正で治すことができます。矯正はワイヤ、スプリントなどを使い、皮膚を伸ばして耳介を引っ張り出します。

矯正する場合は、耳介軟骨が軟らかい生後間もなくから幼児期に行うことが重要です。5歳以降になるときれいに治らなくなる可能性が高くなり、手術を受けることになります。

袋耳の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

耳の病気で処方される主な薬剤を探す

医療特集 季節の症状

季節によってみられる症状と、その予防や治療について紹介します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで耳鼻咽喉科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります