ページ内を移動するためのリンクです

斜視が起こる原因 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しゃしがおこるげんいん

斜視が起こる原因

斜視が起こる原因について解説します。

執筆者:

斜視が起こる原因の解説(コラム)

 斜視は、眼位の異常をいいますが、さまざまな種類の斜視があり、種類によって起こる原因も異なってきます。

 中等度の遠視が原因で、物を見る時に強い調節が必要となり、眼球が内斜することによって起きる調節性内斜視や、眼底疾患や水晶体の混濁(こんだく)などにより、患眼が使われず、両眼視ができなくなって斜視となる廃用性(はいようせい)斜視など、原因が明らかとなっている斜視もありますが、乳児内斜視や間欠性(かんけつせい)外斜視など、斜視の多くは原因がいまだ不明です。

 一卵性双生児では、両方に斜視が存在する場合が多いことから、遺伝的な要因があることは間違いないと思われますが、孤発例が多いことから、遺伝だけでは説明ができません。

 また、斜視に対して、斜位(しゃい)という状態があります。斜視では常に眼の位置がずれた状態であるのに対し、斜位は両眼で見ている時の眼位は正常ですが、遮閉(しゃへい)すると眼のずれが起きます。斜位の人の多くは、両眼の像をひとつにするための中枢機構により眼位を保っている状態です。この場合、年齢とともに眼位を保つことが困難になって斜視が出現することがあります。成人以降に発症する斜視は斜位が原因のことが多いものです。

 そのほか、高熱や酸欠状態、頭部外傷のあとに、斜視が発症することがあります。脳内で眼球位置を制御するシステムの異常が示唆されていますが、詳しい機構は不明です。また、未熟児で出生した場合、このようなシステムの未熟性が存在していると考えられ、斜視の起こる頻度も平均に比べてかなり高くなっています。斜視の起こる原因は、今後の研究による解明が期待される分野です。

眼の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで眼科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります