ページ内を移動するためのリンクです

コンタクトレンズ−メリットと注意点 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

こんたくとれんず−めりっととちゅういてん

コンタクトレンズ−メリットと注意点

コンタクトレンズ−メリットと注意点について解説します。

執筆者:

コンタクトレンズ−メリットと注意点の解説(コラム)

 コンタクトレンズは、近視や乱視などの屈折異常で視力が低下した時に、黒目(角膜)の表面に接触(コンタクト)させて使用するレンズです。

 コンタクトレンズは、眼鏡に比較していろいろな長所があります。たとえば、近視が強くなると、眼鏡では物が実際より遠くに小さく見えてしまいますが、コンタクトレンズでは距離感も大きさもほとんど変化がありません。視野は広いですし、スポーツなどでも支障がありません。乱視が強い場合は、ハードコンタクトレンズを使用するとよいでしょう。

 以前は限られた人が限られた時間使用するものでしたが、素材や製造技術の発達により、装用感がよく、手入れが簡単で、より安全、より安価なコンタクトレンズが続々登場し、今では、日本だけでおよそ1500万人が使用しています。

 このように、大変便利なコンタクトレンズですが、角膜に直接接触しているので、眼に障害が生じる可能性が高くなります。昔は、コンタクトレンズによって角膜が酸素不足になって、長時間使用すると角膜に障害が発生するというトラブルが多かったのですが、最近のコンタクトレンズでは、めったになくなりました。むしろ、コンタクトレンズの手入れが不十分で、こびりついた汚れがもとでアレルギー性結膜炎になったり、不潔なコンタクトレンズによって細菌やアメーバの感染症が角膜に生じるなどのトラブルが目立つようになってきています。

 このようなことを避けるには、多少高価ですが、毎日交換のレンズ、酸素透過性の高いシリコーンハイドロゲル素材のソフトコンタクトレンズかハードコンタクトレンズを使用するのが一番です。また、ケースに保存するコンタクトレンズを使用する場合は、油断せずに、日ごろから毎日保存液を交換し、レンズをきれいにこすり洗いして清潔にしておくこと、井戸水や水道水を使用しないことが重要です。

 なお、使用中に眼に異常を感じたら、すぐにコンタクトレンズの使用を中止し、それでも異常が続くようなら眼科を受診してください。

 コンタクトレンズは大変便利なのですが、あくまでも医療用具です。使い方を誤るととんでもないことになりかねません。使用上の注意をよく守り、定期的に眼科専門医による眼のチェックを受ける必要があります。

眼の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで眼科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります