ページ内を移動するためのリンクです

目やに(眼脂) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

めやに(がんし)

目やに(眼脂)

目やに(眼脂)について解説します。

執筆者:

目やに(眼脂)の解説(コラム)

 結膜炎の眼脂には、さらっとした水のような(漿液性(しょうえきせい))眼脂、ねっとりとした(粘液性)眼脂、クリーム状(膿性(のうせい))眼脂などの種類があります。

 漿液性眼脂はウイルス性結膜炎で多く、粘液性眼脂はアレルギー性で多く、膿性は細菌感染で多いといえます。ちなみに膿性眼脂がどんどん出るような状態を膿漏眼(のうろうがん)と呼びます。

 しかし、これらはあくまで傾向であり、眼脂の性状だけで結膜炎の原因を特定できるわけではありません。眼脂を顕微鏡で調べ、含まれる白血球細胞の種類を特定できれば、結膜炎の原因をある程度特定できます。たとえば、単核球が多ければウイルス性、多核白血球が多ければ細菌性、好酸球が多ければアレルギー性などと診断します。

 眼脂が出ていると、ネバネバして不快ですし、物が見にくくなりますから、水で濡らしたティッシュペーパーやコットンで軽くふき取るようにします。そのあとは、石鹸でしっかり手を洗い、清潔を心がけましょう。

眼の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで眼科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります