ページ内を移動するためのリンクです

舟状骨骨折 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しゅうじょうこつこっせつ

舟状骨骨折

舟状骨骨折について解説します。

執筆者:

どんな外傷か

舟状骨は、手首の関節面を作っている親指側にある楕円形の小さな骨です。この骨折は、手をついて転んだ時に発生します。

あまり強い症状が出ないため、捻挫(ねんざ)程度と思いこみ診断が遅れることがあり注意が必要です。X線検査で見落とされることもあります(図14)。また、骨がつきづらい骨折です。

症状の現れ方

親指を動かすと手首に近い親指の付け根の部分に痛みが出たり、その部位を押すと痛みが出ますが、あまり強い症状は現れません。受傷後しばらくしても仕事をすると痛みが出たり、強く手を握ると痛みが出る場合にはこの骨折の可能性があります。

検査と診断

骨折の診断が難しいため、いろいろな角度からX線写真を数枚撮影します。CTやMRI撮影が必要となることもあります。

治療の方法

ずれが少ない場合には親指から肘までギプス固定をしますが、6週間以上必要となります。ずれが大きかったり、受傷して時間がたっている場合には、ねじで骨折部を固定します。骨のつきが悪い場合には骨を移植します。

応急処置はどうするか

三角巾などで手首を固定したうえで、氷などで冷やしながら整形外科を受診してください。

舟状骨骨折の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

運動器系の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで整形外科を探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります