ページ内を移動するためのリンクです

てんかんの予後と合併症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

てんかんのよごとがっぺいしょう

てんかんの予後と合併症

てんかんの予後と合併症について解説します。

執筆者:

てんかんの予後と合併症の解説(コラム)

 てんかんの予後については、20年間の追跡調査により、発作のなくなる率(寛解率(かんかいりつ))は5年で42%、10年で65%、20年で76%であり、一般に患者さんの5〜8割は2〜5年以内に発作がなくなります。

 とくに特発性てんかんの予後はよく、発症15年後には8〜9割の人が発作がなくなるといわれています。抗てんかん薬による治療後2年を経過しても発作のコントロールがされない場合は、一般に予後は悪いようです。

 数年間発作がない場合には抗てんかん薬を中止することがありますが、その場合の再発率は十数%あるともいわれています。とくに症候性の部分てんかんで再発が多いようです。

 てんかんに合併する特別な障害はありませんが、症候性てんかんでは原因となる疾患があるため、それによるてんかん以外の症状がみられることがしばしばあります。これは厳密な意味では合併症ではありません。また、治療がうまくいかずに何度も呼吸停止をするような全般てんかんの強直間代(きょうちょくかんたい)発作が繰り返される場合には、脳に十分な酸素が送られず脳細胞が死んでしまうため、知的能力の障害が合併症として起こります。

 そのほか、抗てんかん薬の副作用に基づく合併症はしばしばみられます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります