ページ内を移動するためのリンクです

片頭痛の特殊型 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

へんずつうのとくしゅがた

片頭痛の特殊型

片頭痛の特殊型について解説します。

執筆者:

片頭痛の特殊型の解説(コラム)

 片頭痛の前兆として、片麻痺を認める片麻痺性片頭痛(かたまひせいへんずつう)(前兆遷延型片頭痛(ぜんちょうせんえんがたへんずつう)とも呼ぶ)がまれですが認められます。このなかで、家族性にみられるのが、家族性片麻痺性片頭痛です。家族性片麻痺性片頭痛は、前兆として片麻痺が生じる患者さんが一親等以内にいる場合で、まれな疾患です。

 最近、オランダのグループが本疾患の多数例で遺伝子を調べ、第19番染色体19p13に存在するP/Q型カルシウムチャンネル遺伝子に異常を認めました。そのため、一般の片頭痛でもさまざまな遺伝子の検討が行われていますが、現在のところまだ明らかな異常は見つかっていません。

 外眼筋の麻痺によって、物が二重に見える複視を訴える眼筋麻痺(がんきんまひ)性片頭痛もまれにみられます。

 脳底型片頭痛(のうていがたへんずつう)は、前兆として脳幹部が障害された時の症状を認める片頭痛で、従来脳底動脈片頭痛と呼ばれていました。脳幹部の障害と考えられる症状(複視、めまい、耳鳴り、運動失調、構音障害、四肢のしびれ、意識障害)のうち2つ以上が認められる場合に診断されます。

 網膜(もうまく)の血管に変化がみられ、視野障害を示す網膜血管片頭痛もごくまれにみられます。また、片頭痛のなかで、前兆による症状(閃輝性暗点(せんきせいあんてん)など)を示しても、その後頭痛を生じないものもみられ、頭痛を伴わない片頭痛と呼ばれています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります