ページ内を移動するためのリンクです

トリプタン製剤とは 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

とりぷたんせいざいとは

トリプタン製剤とは

トリプタン製剤とはについて解説します。

執筆者:

トリプタン製剤とはの解説(コラム)

 脳血管に選択的に作用するセロトニン作動薬の開発が行われ、セロトニン(5HT)の5HT 1B/1D受容体に選択的に作用するスマトリプタンがまずつくられ、頭痛期の片頭痛の50〜70%に有効であることが確認されました。

 頭蓋内血管の平滑筋(へいかつきん)には5HT 1B受容体がありますが、スマトリプタンはここに作用し血管を収縮させる作用があること、また血管周囲の三叉(さんさ)神経に存在する5HT 1D受容体にも結合し、サブスタンスPやCGRPなどの神経伝達物質の放出を抑えることが示されています。

 現在、日本ではスマトリプタン(イミグラン)の注射薬、鼻腔吸入薬、経口薬、およびゾルミトリプタン(ゾーミッグ)、エレトリプタン(レルパックス)、リザトリプタン(マクサルト)ナラトリプタン(アマージ)の経口薬が使用されています。

 血管の収縮作用があるので、虚血性(きょけつせい)心疾患や、コントロール不良の高血圧のある人では使用すると危険です。専門医によく相談してから使用してください。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります