ページ内を移動するためのリンクです

筋無力症症候群(イートン・ランバート症候群) 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

きんむりょくしょうしょうこうぐん(いーとんらんばーとしょうこうぐん)

筋無力症症候群(イートン・ランバート症候群)

筋無力症症候群(イートン・ランバート症候群)について解説します。

執筆者:

筋無力症症候群(イートン・ランバート症候群)の解説(コラム)

 筋無力症症候群は、神経末端に存在するアセチルコリンを放出する部分に対する抗体が作られて、十分なアセチルコリン量が神経末端から放出できなくなることが原因で発症します。がんに伴って起こり、多くは肺がんです。

 症状は、運動時の疲れやすさ(易(い)疲労性)です。重症筋無力症に比べて眼筋が侵されることは少ないので、物が二重に見えるといった症状はないといわれています。

 筋電図検査で末梢運動神経連続刺激を行うと、低頻度刺激では漸減(ぜんげん)現象が、高頻度刺激では著しい漸増(ぜんぞう)現象がみられるのが特徴です。

 治療は、肺がんなどの原因疾患の治療が第一です。また、薬物療法として4アミノピリジンや免疫抑制薬が有効といわれています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります