ページ内を移動するためのリンクです

ファブリー病 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ふぁぶりーびょう

ファブリー病

ファブリー病について解説します。

執筆者:

ファブリー病の解説(コラム)

 伴性劣性遺伝(はんせいれっせいいでん)形式をとる糖脂質代謝異常症(とうししつたいしゃいじょうしょう)のひとつで、リソゾーム酵素であるα(アルファ)‐ガラクトシダーゼAの欠損によるものです。

 手足の疼痛(とうつう)発作、発汗障害、感覚障害などの感覚神経障害、自律神経障害を示します。疼痛発作は主要な徴候のひとつで、痛みは四肢の遠位部に強く、数時間から数日続き、激しい痛みを訴えることがあります。

 発汗の低下も重要な徴候で、運動時にうつ熱(運動、高温など外部環境によって起こる発熱)で気づくこともあり、汗腺に脂質が沈着し、汗腺の萎縮(いしゅく)が現れます。

 白血球中のα‐ガラクトシダーゼの活性低下により診断されます。根本的な治療法はなく、痛みに対しては、カルバマゼピンが処方されています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります