ページ内を移動するためのリンクです

家族性自律神経異常症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

かぞくせいじりつしんけいいじょうしょう

家族性自律神経異常症

家族性自律神経異常症について解説します。

執筆者:

家族性自律神経異常症の解説(コラム)

 大部分がユダヤ人の家系に発症する、常染色体劣性(じょうせんしょくたいれっせい)形式をとる遺伝性の疾患です。日本では類似の報告はみられますが、典型的な本症は報告されていません。

 自律神経症状と末梢神経症状が中核になります。出生時から哺乳障害、成長障害、反復性の呼吸器感染症がみられ、自律神経障害として、起立性低血圧(きりつせいていけつあつ)(起立時の失神発作)、流涙分泌(りゅうるいぶんぴつ)障害(角膜潰瘍(かくまくかいよう)を起こしやすい)、味覚障害、痛みの鈍麻(どんま)(痛みを不快な感覚とは感じない)、時に一過性の皮膚発赤(興奮時、食事時に顔面、胸部、四肢に大きな紅斑が出る。血管運動神経障害による)などが現れます。

 根治的な治療法はなく、対症療法にとどまります。人工涙液での角膜潰瘍対策などです。

 4分の1の患者さんは10歳までに死亡し、半数は22歳までに死亡するとの報告があります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります