ページ内を移動するためのリンクです

脊髄空洞症の部位と症状 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

せきずいくうどうしょうのぶいとしょうじょう

脊髄空洞症の部位と症状

脊髄空洞症の部位と症状について解説します。

執筆者:

脊髄空洞症の部位と症状の解説(コラム)

 脊髄空洞症は頸髄(けいずい)に好発するため、症状は上肢にみられることが一般的です。また空洞は脊髄の中心部にできるため、最初は上肢のしびれや痛み、感覚異常などがみられます。

 感覚異常は障害髄節の支配レベルに一致して宙吊り型に現れることと(図26)、解離性(かいりせい)感覚障害(温痛覚は障害されるが、触覚および振動覚などの深部感覚は保たれる)の形をとることが特徴です。解離性感覚障害が起こるのは、温痛覚の神経線維が脊髄中心部をとおるのに対して、触覚や深部感覚の神経線維は中心部ではなく、脊髄の後側にある後索(こうさく)を通るためです。

 空洞が頭側(上方)に拡大すると延髄(えんずい)空洞症になり、尾側(下方)に拡大すると胸髄(きょうずい)、腰髄(ようずい)内にも空洞ができます。延髄空洞症では顔面の感覚障害や構音・嚥下(えんげ)障害が起こり、胸髄、腰髄空洞症では感覚障害の範囲が体幹や下肢にも広がることになります。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります