ページ内を移動するためのリンクです

糖尿病に伴う神経・筋障害 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

とうにょうびょうにともなうしんけい・きんしょうがい

糖尿病に伴う神経・筋障害

糖尿病に伴う神経・筋障害について解説します。

執筆者:

糖尿病は近年栄養過多と肥満の増加により、急速にその罹患(りかん)率が高まっている慢性の病気です。治療が不十分な場合、血管の変性が進み、さまざまな神経合併症が起こりますが、そのなかでも臨床的に頻度が高いものは、末梢神経障害(ニューロパチー)と脳血管障害です。

末梢神経障害では、多発性ニューロパチーの型として生じた場合、四肢の末端部のしびれ感や自律神経障害が起こります。また、ひとつの末梢神経が損われる単ニューロパチーとして起こることもあり、動眼(どうがん)神経や外転(がいてん)神経などの障害による眼球運動麻痺が起こることがあります。

脳血管障害では、糖尿病は脳梗塞(のうこうそく)の重要な発症危険因子としてあげられており、高血圧高脂血症などとともに動脈硬化を進展させる要因であり、血管の閉塞(へいそく)を起こします。

糖尿病に伴う神経・筋障害の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×