ページ内を移動するためのリンクです

錐体路と錐体外路 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

すいたいろとすいたいがいろ

錐体路と錐体外路

錐体路と錐体外路について解説します。

執筆者:

錐体路と錐体外路の解説(コラム)

 錐体路とは随意(ずいい)運動に関与するもので、その経路は前頭葉(ぜんとうよう)の運動野(や)から延髄(えんずい)の錐体交差で反対側に交差し、脊髄(せきずい)の前角に至るまでをいいます。この経路は、いうなれば運動の「オン・オフ」のはたらきをし、錐体路の障害では運動麻痺(まひ)がみられます。

 一方、錐体外路とは大脳深部の基底核を中心とする複雑な経路で、運動や筋緊張を調整するはたらきをしています。錐体外路の障害では、筋緊張の異常や、さまざまな不随意(ふずいい)運動がみられます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります