ページ内を移動するためのリンクです

脳脊髄液(髄液)の検査 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

のうせきずいえき(ずいえき)のけんさ

脳脊髄液(髄液)の検査

脳脊髄液(髄液)の検査について解説します。

執筆者:

脳脊髄液(髄液)の検査の解説(コラム)

 脳、脊髄に何らかの障害が生じた場合には、直接的あるいは間接的に髄液所見に反映される可能性が大きく、髄液の異常は髄膜炎・脳炎の診断および鑑別(見分け)に役立ちます。

 一般に腰椎穿刺(ようついせんし)(針を刺す)により行われます。患者さんを側臥位(そくがい)とし、両手で膝を胸に抱え込むような体位をとってもらいます。穿刺部位は左右の腸骨綾上縁を結ぶ線(ヤコビー線)と脊柱が交差する点を目標にし、通常、第3〜4腰椎間または第4〜5腰椎間で行います(図17)。介助の際は前記の姿勢をきちんととることが重要です。皮膚消毒と局所麻酔後、棘間靭帯(きょくかんじんたい)、硬膜(こうまく)、くも膜下腔へと針を入れていきます。一般検査として外観の観察、初圧および終圧、細胞数、蛋白、糖(同時血糖値も)の測定を行い、疑われる疾患に応じて種々の検査を追加します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります