ページ内を移動するためのリンクです

ピックウィック症候群 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ぴっくうぃっくしょうこうぐん

ピックウィック症候群

ピックウィック症候群について解説します。

執筆者:

ピックウィック症候群の解説(コラム)

 ピックウィック症候群は、1956年に初めて報告された症候群です。

 英国の作家チャールズ・ディケンズの小説『ピックウィッククラブ』のなかで、高度の肥満があって昼間からうとうとし、睡眠中は激しいいびきをかく少年が描かれたことから命名されました。

 現在では重症の睡眠時無呼吸症候群と考えられています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります