ページ内を移動するためのリンクです

努力性呼吸 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

どりょくせいこきゅう

努力性呼吸

努力性呼吸について解説します。

執筆者:

努力性呼吸の解説(コラム)

 努力性呼吸とは、普通の呼吸に使う筋である横隔(おうかく)膜、肋間(ろっかん)筋など以外の呼吸補助筋を多く使わなければならない呼吸のことをいいます。普段は吸気の時に呼吸筋だけを使い、呼気の時は自然に胸郭(きょうかく)が狭まるのですが、何らかの事情でこれでは十分に呼吸ができない時に使う筋を呼吸補助筋と呼び、吸気の時に使う筋と呼気の時に使う筋があります。

 吸気のときに使う呼吸補助筋は、大胸筋(だいきょうきん)、脊柱起立筋群(せきちゅうきりつきんぐん)、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)、僧帽筋(そうぼうきん)、斜角筋(しゃかくきん)、肩甲挙筋(けんこうきょきん)などです。呼気の時に使う補助筋は腹筋群などです。これらの筋は呼吸筋に比べて効率が悪く、エネルギーも多く使うために消費する酸素量が多くなります。

 努力性呼吸は、上気道の閉塞(へいそく)や気管支の閉塞などによって、一生懸命に呼吸している状態です。たとえば肺気腫(はいきしゅ)、気管支喘息(ぜんそく)の強い発作の場合や腫瘍・異物などによる気道の閉塞が起こり、肺に空気を出し入れしにくい状態などにみられます。そのほかに、本来の呼吸筋が使いにくいことが原因になることもあります。

 余談ですが、努力性呼吸と呼吸困難とは一致しないこともあります。努力性呼吸をしていても、呼吸が困難と感じない人もいるのです。それとは反対に、努力性呼吸をしていなくても呼吸困難を感じる人もいます。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります