ページ内を移動するためのリンクです

肺分画症 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

はいぶんかくしょう

肺分画症

肺分画症について解説します。

執筆者:

どんな病気か

先天的な異常のため、肺の一部が大動脈から栄養を受けている状態です。正常肺で囲まれた肺葉内(はいようない)分画症と、胸膜におおわれて正常肺と完全に分離している肺葉外(はいようがい)分画症があります。

肺葉内分画症での血流は、大動脈→分画肺→肺静脈へとなります。気管支と連絡があると二次的に感染を起こします。

肺葉外分画症での血流は、大動脈→分画肺→下大静脈へまたは奇静脈へとなります。気管支との連絡はないため、ほとんど無症状です。

繰り返す呼吸器感染が、本症を疑うきっかけになります。

検査と診断・治療

確定診断は、前述のような肺への異常な血管の存在を大動脈造影を行って証明します。胸部X線像では、下肺野に嚢胞状(のうほうじょう)の陰影が認められます。

肺炎、血痰(けったん)を繰り返す場合には、肺の部分切除を考慮します。

肺分画症の初診に適した診療科目

病院検索の都道府県選択へ遷移します。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります

×