ページ内を移動するためのリンクです

結核の集団感染 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

けっかくのしゅうだんかんせん

結核の集団感染

結核の集団感染について解説します。

執筆者:

結核の集団感染の解説(コラム)

 集団感染とは感染者が2家族以上にまたがり、20人以上になった場合をいいます。日本では国をあげての結核対策が効果をあげ、若年者の結核発病者が激減した結果、結核に抵抗力のない若者が結核発病者に接触して簡単に感染・発病してしまう例が増えています。

 とくに、若年の看護師が、感染したのを知らずに業務を続けた結果、医療施設が集団感染の場になるという事例も報告されています。これらの根底には、国民も医療従事者も結核は過去の病気で「もうひと安心」という認識が広まり、警戒不足になっていることがあります。大学の医学部や看護学部の学生教育でも、結核の講義時間が少ないというのも現状です。

 厚生労働省は1999年に「結核緊急事態宣言」を出し、警鐘を鳴らしています。幸いなことに2000年からは、新しい登録患者数は再び減り始めていますが、2007年は25311人もの新規登録患者数があり、依然として日本は結核中蔓延国です。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります