ページ内を移動するためのリンクです

今、とくに気をつける病気 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

いま、とくにきをつけるびょうき

今、とくに気をつける病気

今、とくに気をつける病気について解説します。

執筆者:

新型インフルエンザの恐怖

ここ数年、鳥インフルエンザ(H5N1株)が注目され、その株がヒトの間で大流行するように変異し、新型インフルエンザとなるのではないかと予想されていました。ところが2009年メキシコで豚由来のH1N1株によるインフルエンザの流行が始まり、瞬く間に世界中に広がり、新型インフルエンザとされて、世界ことに日本で恐慌を来しました。このインフルエンザに関する正確なデータはいまだ出ていませんので、その評価は後日に待つべきですが、本書でもコラムの項を始め数カ所で記載されています。

今、呼吸器の病気で注目されること

主な疾患に対して一定水準以上の診療を受けていただくために、ガイドラインが用意されてきています。

呼吸器の病気に対しては、日本呼吸器学会が以下のガイドラインを発表しています。

・成人市中肺炎診療ガイドライン(2005年・2007年)

・成人院内肺炎診療ガイドライン(2008年)

・成人気道感染症診療の基本的考え方(2003年)

・咳嗽に関するガイドライン(2005年)

・COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン(2004年、第三版2009年)

・酸素療法ガイドライン(2006年)

・薬剤性肺障害の評価、治療についてのガイドライン(2006年)

・ALI/ARDS診療のためのガイドライン(2005年)

・漢方薬治療における医薬品の適正な使用法ガイドライン(2005年)

・特発性間質性肺炎診断と治療の手引き(2004年)

・禁煙治療マニュアル(2009年)

があります。

また、参考として「喘息予防・管理ガイドライン(厚生省〔現厚生労働省〕研究班2003年)」があります。

日本呼吸器学会のホームページはhttp://www.jrs.or.jpです。

本編の分類、編成について

呼吸器の病気として最初に、鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支の感染症であり、最も頻繁にみられる“かぜ症候群”について述べました。続いて、肺の病気に移り、まず感染症としていろいろの原因による肺炎について、次に特殊な感染症である結核について述べました。

4番目にアレルギーによる肺の病気、たとえば気管支喘息などを、5番目に慢性気管支炎、肺気腫などの閉塞性肺疾患について述べていきます。続いて慢性間質性肺炎などの肺の拘束性 (こうそくせい)疾患、肺の悪性腫瘍(しゅよう)、すなわち肺がんと続け、肺の血管系の病気、その他の肺疾患の順としました。

そのあとに、胸膜の病気、縦隔の病気、横隔膜の病気、の順に解説しています。

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

防災タウンページ


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります