ページ内を移動するためのリンクです

不整脈で受診する際の注意 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ふせいみゃくでじゅしんするさいのちゅうい

不整脈で受診する際の注意

不整脈で受診する際の注意について解説します。

執筆者:

不整脈で受診する際の注意の解説(コラム)

 不整脈を診療した経験が少ない医師にかかった患者さんの多くが、次のような経験をしています。

 急に動悸(どうき)が始まって、しばらく休んでもよくならないので病院へ向かいました。しかし、その途中で動悸がおさまってしまい、病院に着いた時はまったく正常の心電図しか記録されません。医師には「気のせいでしょう」とか「狭心症(きょうしんしょう)ではありません」と片づけられることが多く、自分の経験した症状をわかってもらえないという悔しい思いを何度もすることになります。

 不整脈で受診する時は、このような症状を聞いただけで発作性頻拍(ほっさせいひんぱく)を疑って心臓電気生理学的検査をすすめてくれるか、頻拍の止め方を教えてくれる医師をさがすべきです。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります