ページ内を移動するためのリンクです

発作性上室性頻拍の心電図での分類 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

ほっさせいじょうしつせいひんぱくのしんでんずでのぶんるい

発作性上室性頻拍の心電図での分類

発作性上室性頻拍の心電図での分類について解説します。

執筆者:

発作性上室性頻拍の心電図での分類の解説(コラム)

 発作性上室性頻拍のなかで、どの型の頻拍になるかは次の点が参考になります。

 正常QRS幅の発作性頻拍で、QRS波の後ろにP′波があればWPW症候群の房室回帰性頻拍(ぼうしつかいきせいひんぱく)である可能性が高くなります。同様に、正常QRS幅の発作性頻拍でQRS波とQRS波の間にP′波が認められないか、あるいはQRS波の後半にP′波が重なって認められれば、房室結節(ぼうしつけっせつ)リエントリー性頻拍である可能性が高いことになります。

 QRS波の前に洞調律(どうちょうりつ)時のP波形と異なるP′波があれば、心房内リエントリー性頻拍あるいは希有型(けうがた)房室結節リエントリー性頻拍、洞調律時のP波と同一波形のP′波がQRS波の前にあれば洞結節リエントリー性頻拍となります。発作性頻拍でQRS幅が広い場合があり、P′波とQRS波が明らかに1対1に対応して認められれば、心室内変行伝導を伴った発作性上室性頻拍となります。

 診断のポイントは、突然起こり、しばらく続いて突然止まるQRS間隔の規則正しい頻拍で、P′波とQRS波が1対1に対応していれば発作性上室性頻拍とされます。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります