ページ内を移動するためのリンクです

心タンポナーデ 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しんたんぽなーで

心タンポナーデ

心タンポナーデについて解説します。

執筆者:

心タンポナーデの解説(コラム)

 心膜は、心臓表面を直接おおう臓側心膜(ぞうそくしんまく)と、心臓を縦隔(じゅうかく)や胸腔(きょうくう)からへだてる壁側胸膜(へきそくきょうまく)によって構成されています。通常、この2つの膜の間の心膜腔には、生理的に15〜20mLの心嚢液(しんのうえき)が存在し、潤滑油の役割をしています。

 心タンポナーデは、過剰の液体がたまることにより心臓の拡張が極度に制限され、心拍出量が低下し、血圧低下やショックに進展する病態のことを指します。

 心膜液がたまる速さによって、数百mL程度で心タンポナーデに陥る場合もありますが、緩徐な場合は1Lたまっても心タンポナーデを起こさないこともあります。

 心タンポナーデを起こしている場合は、すみやかに貯留液をドレナージする(チューブを挿入して排液する)必要があります。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります