ページ内を移動するためのリンクです

心臓病患者の妊娠 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

しんぞうびょうかんじゃのにんしん

心臓病患者の妊娠

心臓病患者の妊娠について解説します。

執筆者:

心臓病患者の妊娠の解説(コラム)

 妊婦では体のなかを回る血液量が増えるために心臓に負担がかかり、心不全を起こしやすい状況になります。

 以前から心臓が悪いといわれている患者さんでは、妊娠そのものが可能かどうか、出産に際してどんな危険があり何に気をつけるべきかを主治医と相談しておく必要があります。

 とくに心不全状態によって日常生活が制限される人、肺高血圧でチアノーゼ(血液中の酸素濃度が低いため皮膚の色が青黒い状態)を伴う先天性の心臓病の人は、母体、胎児ともに危険があるので注意が必要です。

 心臓病の妊婦でも内科医、産婦人科医、小児科医などの連携で無事赤ちゃんを出産できる場合もあり、各人の心臓の状況に合ったサポートが必要です。

 薬によっては赤ちゃんに影響の出る可能性が心配されますが、器官形成期(赤ちゃんの手足などのもとができる時期)である妊娠約8週を過ぎれば、催奇形性などの危険も少なくなるため、投与できる薬剤も増えます。

 妊娠、出産に際しては、必ず循環器内科専門医に事前に相談してください。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

医学セミナーのご案内

NTT東日本関東病院 人間ドックキャンペーン

セルフメディケーション税制とは

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります