ページ内を移動するためのリンクです

人工心臓 病気事典[家庭の医学] - メディカルiタウン


ここから本文です

病気事典[家庭の医学]

じんこうしんぞう

人工心臓

人工心臓について解説します。

執筆者:

人工心臓の解説(コラム)

 心臓のはたらきを補助する人工心臓が実用化しています。急性心筋梗塞(きゅうせいしんきんこうそく)などで起こる心原性(しんげんせい)ショックの時に、一時的に使用するポンプには大動脈内バルーンポンプ(IABP)、経皮的心肺補助(けいひてきしんぱいほじょ)(PCPS)があります。いずれも数日から1〜2週間、心臓が立ち直るまで使用します。

 より長期的に使用する人工心臓も進歩しました。日本では、東洋紡型といわれる補助心臓が保険適用となっています。通常、左心室(さしんしつ)から脱血し、体表に設置したポンプで拍出して大動脈に送血します。非常に強力なポンプですが、体外に設置する駆動装置が大きいため、入院中しか使用ができません。装置自体の信頼性は高いものの、ポンプ内に血栓を作ることがあり、抗凝固療法が必要です。脳梗塞(のうこうそく)や脳出血(のうしゅっけつ)、感染症といった合併症が問題です。原則として心臓移植までの橋渡しに使われますが、2から3年にわたって使用することも珍しくありません。

 より小型で体内に設置するポンプと患者さん自身が運搬可能な駆動装置からなる、第3世代植え込み型人工心臓も実用化しています。自宅に戻り、外来通院することが可能です。抗血栓性(こうけっせんせい)も大きく改良されています。いくつかの機種は欧米では実用化していますが、日本では治験の段階でまだ保険に適用されたものはありません。

循環器の病気で処方される主な薬剤を探す

かかりつけ医をもとう!

通いやすい場所と診療科目から自分に合った医療機関を探してみましょう。

iタウンページで内科などを探す

×
検索履歴(場所):

情報提供元 : (C)株式会社 法研執筆者一覧
掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。

つながるタウンページ会員


ここからフッター情報です

iタウンページ&タウンページコンテンツ
iタウンページコンテンツ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります